人格不定なヲタクと!!
by wotakura
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
最新のトラックバック
【究極のCDを焼こう】高..
from ぱふぅ家のサイバー小物
ガソリン販売量が前年比で減少
from yuu2雑記帳
Xeonでサーバーを作りつつ
from 初心者向レンタルサーバー
サーバ用CPUにはXeon…
from レンタルサーバーの選び方
花言葉事典:花見の情報:..
from 花言葉事典:関東近県花見情報
時間創造コンサルタント ..
from 時間創造コンサルタント リア..
NewsWeek編集長の..
from 雑誌定期購読!!雑誌いろいろ..
マザー3 テレビゲーム ..
from テレビゲーム趣味無料攻略サイ..
ガソリン高がまっているア..
from 政経社会経営歴史評 つらつら..
Yonahコア対応 MS..
from 自分のための特価品情報
ファン
ブログジャンル
画像一覧


Pentium4とAthlon64について
この間PentiumDAMEの話をしましたが、今回は対抗馬である「Athlon 64 X2」のついての話をしたいと思いますが・・・皆さんはAMDと言う会社をご存じでしょうか?もっともPentiumDAMEの話を読んでくれるヒトにそんな人はいませんねwwでもAthlon64について知らないヒトはまんざらでもなさそう。なので今回は「Pentium4とAthlon 64の違い」について話しましょう。

まずAthlon 64はPentium4(DAME)とは明らかに異なった思想で作られていて、それを代表するのが「モデルナンバー」の存在です。一般にCPUの性能は「動作周波数×IPC(1クロックあたりの命令実行数)」と考えられ、IPCを上げるためにはいくつかの方法があります。その一つが「スーパースケーラー」と呼ばれる方式で、CPUが命令を処理するには「フェッチ(命令の読み込み)→デコード(命令の解読)→エグゼキュート(命令の実行)→ライトバック(結果の出力)」という4つの段階があります。そこである作業をしているときに残りの3つを休ませるのは勿体ないので各回路に次々と仕事させるのが「パイプライン」で、この回路を複数個搭載して命令の並列処理で効率を上げるのを「スーパースケーラー」といいます。ここでIntelはトランジスターの割に効率の上がらないために、パイプラインの段数を増やして動作周波数を高めやすくして高クロック化に成功しました。しかしこれでは予想外の処理が発生した際にパイプラインで処理中の内容が無駄になったり必要トランジスタ数が増える事で消費電力が増加してしまいます。たいしてAMDは以前からIPCの向上に力を注いでましたがその理由は半導体製造技術がIntelに対して遅れている点です。そのために整数演算とロード/ストアユニット(メモリへアクセスする命令をロード命令とストア命令だけに限定)を3組ずつ用意したり、2段階でのデコード、3種類の分岐予測、メモリーコントローラを内蔵してレイテンシ(遅延)を短くしたり、高速なI/Oアクセス可能なHyperTransportの採用等の数々の工夫によって平均IPCを3に近づけています。

はぁ、マニアックだった・・・・・要は、クロック重視かIPC重視かです。なので実際2GHzしかないAthlon64が3GHzのPentium4より性能で上回ります。なので2GHzのAthlon64のモデルナンバーは939ピンの場合3200+という、いかにもIntelを意識した内容となってたりしますw

というわけで、よく分からない説明になってしまいましたね。たぶんここをみても分かるかどうか・・・。興味のある人は本屋さんに行って知識を蓄えましょーww
というわけで、次はAthlon64X2とPentiumDの違いですかね・・・・
[PR]
by wotakura | 2005-10-31 19:43 | PC
<< 結局Athlon64って? 周り編 Logicool G3 Opt... >>