人格不定なヲタクと!!
by wotakura
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
最新のトラックバック
【究極のCDを焼こう】高..
from ぱふぅ家のサイバー小物
ガソリン販売量が前年比で減少
from yuu2雑記帳
Xeonでサーバーを作りつつ
from 初心者向レンタルサーバー
サーバ用CPUにはXeon…
from レンタルサーバーの選び方
花言葉事典:花見の情報:..
from 花言葉事典:関東近県花見情報
時間創造コンサルタント ..
from 時間創造コンサルタント リア..
NewsWeek編集長の..
from 雑誌定期購読!!雑誌いろいろ..
マザー3 テレビゲーム ..
from テレビゲーム趣味無料攻略サイ..
ガソリン高がまっているア..
from 政経社会経営歴史評 つらつら..
Yonahコア対応 MS..
from 自分のための特価品情報
ファン
ブログジャンル
画像一覧


"口径"という言葉について
<2008/12/22一部訂正>

"口径"という言葉はすごくややこしいです。
自分でも今整理中で間違っているところもあるかもしれません。それはコメントで指摘していただければ幸いです。
例えば「口径7.7mmの機銃」「50口径の機関銃」「44口径の120mmの滑腔砲」などとあり、これらは全て意味が違います。


・口径7.7mmの機関銃(主に第一次~第二次大戦初期の飛行機・車輌に搭載。対人用にも)
銃身の内径が7.7mm

・50口径の機関銃(飛行機・車輌に広く搭載)
口径(銃身の内径)が0.50インチ。1インチは2.54cm

・44口径の120mm滑腔砲(90式戦車などが搭載)
大砲に使われる事が多い。砲身が口径の44倍。この値が大きいほど射程距離・命中率が高い。その分反動が大きい。厳密には「口径長」とも。


という感じでしょうか。「50口径の機関銃」「44口径の120mmの滑腔砲」が「50口径の機関銃」「44口径の滑腔砲」などとなっているときの見分け方はもう"常識"しかないと思いますね。
機関銃は主に銃身の内径(これが口径ですよw)が大体6.5mm~13mmです。20mm以上で炸薬が入ってると機関砲と呼ばれることもあります。国、日本でも陸海軍によって基準が違いますが。
0.50インチの意味での「50口径」は、インチを使用していることからわかるように、特にアメリカで多いです。

滑腔砲などの戦車砲を含む大砲(加農砲・榴弾砲など)は第二次大戦ならともかく今では銃身の内径(口径)が70mmとか150mmですから44口径、の場合は銃身の内径が0.44インチ(15.6mm)なわけはなく、砲身が口径の44倍ということを示しているのがわかりますね。
[PR]
by wotakura | 2005-12-22 23:53 | 軍事
<< 三月兎の2号店がオープンしたらしい 小銃(ライフル)について >>