人格不定なヲタクと!!
by wotakura
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
最新のトラックバック
【究極のCDを焼こう】高..
from ぱふぅ家のサイバー小物
ガソリン販売量が前年比で減少
from yuu2雑記帳
Xeonでサーバーを作りつつ
from 初心者向レンタルサーバー
サーバ用CPUにはXeon…
from レンタルサーバーの選び方
花言葉事典:花見の情報:..
from 花言葉事典:関東近県花見情報
時間創造コンサルタント ..
from 時間創造コンサルタント リア..
NewsWeek編集長の..
from 雑誌定期購読!!雑誌いろいろ..
マザー3 テレビゲーム ..
from テレビゲーム趣味無料攻略サイ..
ガソリン高がまっているア..
from 政経社会経営歴史評 つらつら..
Yonahコア対応 MS..
from 自分のための特価品情報
ファン
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:軍事( 7 )
"口径"という言葉について
<2008/12/22一部訂正>

"口径"という言葉はすごくややこしいです。
自分でも今整理中で間違っているところもあるかもしれません。それはコメントで指摘していただければ幸いです。
例えば「口径7.7mmの機銃」「50口径の機関銃」「44口径の120mmの滑腔砲」などとあり、これらは全て意味が違います。


・口径7.7mmの機関銃(主に第一次~第二次大戦初期の飛行機・車輌に搭載。対人用にも)
銃身の内径が7.7mm

・50口径の機関銃(飛行機・車輌に広く搭載)
口径(銃身の内径)が0.50インチ。1インチは2.54cm

・44口径の120mm滑腔砲(90式戦車などが搭載)
大砲に使われる事が多い。砲身が口径の44倍。この値が大きいほど射程距離・命中率が高い。その分反動が大きい。厳密には「口径長」とも。


という感じでしょうか。「50口径の機関銃」「44口径の120mmの滑腔砲」が「50口径の機関銃」「44口径の滑腔砲」などとなっているときの見分け方はもう"常識"しかないと思いますね。
機関銃は主に銃身の内径(これが口径ですよw)が大体6.5mm~13mmです。20mm以上で炸薬が入ってると機関砲と呼ばれることもあります。国、日本でも陸海軍によって基準が違いますが。
0.50インチの意味での「50口径」は、インチを使用していることからわかるように、特にアメリカで多いです。

滑腔砲などの戦車砲を含む大砲(加農砲・榴弾砲など)は第二次大戦ならともかく今では銃身の内径(口径)が70mmとか150mmですから44口径、の場合は銃身の内径が0.44インチ(15.6mm)なわけはなく、砲身が口径の44倍ということを示しているのがわかりますね。
[PR]
by wotakura | 2005-12-22 23:53 | 軍事
小銃(ライフル)について
大日本帝国 三八式歩兵銃
三八式歩兵銃がロシアに100万挺以上、イギリスに30万挺以上も輸出されたというのは初めて知りました。

小銃の口径だけを見ていくと面白いです
三八式歩兵銃:明治38年 西暦1905年採用 は 6.5mm
九九式小銃:皇紀2599年 西暦1939年採用 は 7.7mm
ここまでは小銃の威力・射程増大のために口径を上げていたのが分かります。
しかし興味深いことに戦後の自衛隊は
64式小銃:西暦1964年採用 は 7.62mm
89式小銃:西暦1989年採用 は 5.56mm
と一見時代に逆行しているように思われます。
第二次大戦の戦訓から1000m以上の長距離戦より500m以下のの中・短距離戦の方が多いことが分かりました。口径が大きいと射程や威力が増えますが反動が大きいことにより射手に負担がかかり、また連射もしにくくなります。そのため口径が小さくなりました。
三八式歩兵銃はよく「陸軍は銃の改良を怠った」とか言われますがイギリスやドイツの主力小銃の基本設計は三八式より古いです。セミオート(ボルトアクションと違い引き金を引いたたびに弾を撃てる)の単価の高い小銃を全軍に普及させたのはアメリカのM1ガーランド・M1カービンだけです。ちなみに日本軍はM1ガーランドを鹵獲して改良した五式小銃はコピー元より完成度が高いと言われています。さすが日本ですね。この時の戦局は五式小銃などという生産に手間のかかるものより従来型を1挺でも多く作る、ということなので量産には至りませんでしたが。
反動の少ない三八式歩兵銃は一面では先見性を持っていたと言えるでしょう。でもガタルカナルのようなジャングル戦では短距離・短銃身の拳銃弾を使用する短機関銃(アメリカのトンプソン、ドイツのMP40など)の方が有利だったようです。拳銃弾を連射する短機関銃をただでさえ弾薬の不足したガタルカナル島で使えたかどうかは疑問ですが・・・・
[PR]
by wotakura | 2005-12-22 00:21 | 軍事
日本戦車進化論 -陸軍編-  その2 一式戦車砲について
九七式中戦車の「新砲塔」及び一式中戦車に装備された「一式47mm戦車砲」のもとの「一式機動47mm砲」画像をUPしようと思います。
a0049002_1845584.jpg

(陸上自衛隊土浦武器学校火砲館で撮影)
旧砲塔に比べて砲身が長いのが分かります。
一式中戦車は九七式中戦車の装甲を厚くして一式47mm砲を装備した型です。

九七式中戦車改 新砲塔チハ
http://combat1.cool.ne.jp/97SHIK-K.htm
[PR]
by wotakura | 2005-11-28 18:10 | 軍事
爆撃機「銀河」について パートⅠ
飛行機の模型(いわゆるプラモデル)を作ろうと模型屋に行って気付いたことが、「銀河って模型がないなぁ」ってこと。一式陸攻はあるんだけどね(しかも桜花付)。で、「銀河ってどんな飛行機?」って思って調べてみた。まず、銀河以外の海軍爆撃機というと・・・

愛知 九九式艦上爆撃機・・・急降下爆撃機として、米国の「SBD ドーントレス」やドイツの「Ju-87 スツーカ」などと並んで有名な機体で太平洋戦争前期に活躍。後期では旧式化のため多数の損害を出す。

空技廠 艦上爆撃機 彗星・・・九九式艦爆の後継として海軍航空技術廠が設計。液冷エンジンを含む数々の新技術が盛り込まれたが、生産・整備に差し支えて運用もままならない状況に。空冷化する頃には乗せる空母が無い有様。

攻撃機となると「天山」やら「九六式陸攻」等があるのか。で、結果は「銀河って唯一の海軍陸上爆撃機だ!!」とわかりました。

このシリーズはうまくいきそう。PenDシリーズより先に続編が来ること間違いなし!!で、次回のパートⅡは機体について書くつもりです。
[PR]
by wotakura | 2005-11-27 17:34 | 軍事
日本戦車進化論 -陸軍編-  その1 大東亜戦争序盤
日本の戦車の進化を書きたいと思います。
戦車は第一次世界大戦でイギリスで発明され、画期的な兵器でした。
日本はイギリスやフランスから戦車をはじめ輸入していました。
そして初の国産戦車が「八九式中戦車」です。
右が八九式中戦車 左が三式中戦車(陸上自衛隊武器学校にて撮影)
a0049002_051233.jpg

比べて分かるとおり、砲身がとても短いのが分かります。九〇式57mm戦車砲です。これは思想として、「歩兵直協用」すなわち機関銃座や敵兵を弾の破片で殺すことを目的としていました。これは当時としては普通の思想でした。支那事変では中国軍が戦車を持っていないので大活躍しました。主力の「乙」型はディーゼルエンジンを使っていて、耐燃性などから考えて、進歩的でした。列強の中ではディーゼルを使った国は少ないです。その次の中戦車は「チハ」の愛称で有名な「九七式中戦車」です。主砲は九〇式を改良した九七式57mm戦車砲です。
a0049002_21482729.jpg

(靖国神社遊就館にて撮影)
これも八九式と同じような短砲身です。

ノモンハン事変と「新砲塔」チハ
[PR]
by wotakura | 2005-11-26 15:44 | 軍事
日本陸海軍・自衛隊の○○式という呼び名について
前の記事で書いた○○式戦車とかの○○は制式化された年数を示しています。
しかし三式中戦車、八九式中戦車、九七式中戦車、三八式歩兵銃、61式戦車、74式戦車、90式戦車、百式司偵、零式艦上戦闘機を制式化された順に並べよと言ったときには数字通りにはなりません。八九式中戦車の翌年90式戦車なんてありえませんよねwwwwまた、10年式擲弾筒などもあり、更にややこしくなっています。
命名基準を考えるとき、「皇紀」を知っていることは大切です。皇紀とは、古事記で神武天皇が橿原神宮で即位した年を元年として定められたものです。覚え方は
西暦1940年=昭和15年=紀元2600年 (紀元は皇紀と同じ意味)
です。5の倍数で非常に覚えやすいです。昭和15年には「紀元2600年」という歌までつくられ、日本の長い歴史と伝統を祝ったそうです。
また今は紀元2665年です。

まず日本陸軍の命名基準は
・○○年式 : 明治32年までと大正年間の年号
・○○式 : 明治33年~明治末年の年号と昭和2年~昭和14年の皇紀の下二桁
・○式 : 昭和16年~昭和20年の皇紀下一桁
例外
昭和15年(皇紀2600年) : 陸軍では百式、海軍では零式

戦後の自衛隊の命名基準は単純明快で西暦の下二桁です。

これを整理すると三八式歩兵銃→十年式擲弾筒→八九式中戦車→九七式中戦車→零式艦上戦闘機=百式司偵→三式中戦車→61式戦車→74式戦車→90式戦車
となります。
[PR]
by wotakura | 2005-11-07 18:26 | 軍事
濃い1日だった・・・・・ 土浦、鹿島鉄道訪問記
ううう笑いすぎて腹が痛い・・・・・
数年前から度々のぞいているRRRというサイトにて発見
http://plaza.rakuten.co.jp/bokejr/7010


今日は濃い1日だった・・・・・
簡単に言うと、軍事と鉄道ヲタのコラボレーションでさらに秋葉で締める旅でした。

まず共に行ったM氏と上野に0745に待ち合わせ、常磐線で土浦へ。朝は寒く、思わずホットコーヒーを買うほどでした。
土浦駅に到着して歩き出したら衝撃的な光景を我々は目撃した・・・・・
なんと犬が自分で散歩している!!
流石イバラキ。
50分ほど歩いて陸上自衛隊土浦武器学校へ到着。残りは下の「武器学校レポと90式戦車・山本元帥他の写真」に書いておきましたので。

右が八九式中戦車 左が三式中戦車
a0049002_051233.jpg


陸自の61式戦車
a0049002_07536.jpg


陸自の74式戦車
a0049002_082180.jpg


日本の誇る世界トップクラスの第三世代90式戦車は下にあります

武器学校レポと90式戦車・山本元帥他の写真
[PR]
by wotakura | 2005-11-05 23:51 | 軍事